PROFESSIONAL SUPPORT FOR PROPERTY INVESTMENT
AND PROPERTY MANAGEMENT IN JOHOR BAHRU MALAYSIA
Southkey Mosaic Serviced Residences





2017年完成予定の2棟構成、34階建て、全584ユニットの高級コンドミニアムです。 
シンガポールへのコーズウェイ・イミグレーション(CIQ)へ約5分、JB市内中心のテブラウ通りへ3分
という好立地です。330エーカーもの広大な敷地に開発される施設には、ホテル、商業施設、オフィス、
病院、公園などが計画されたタウンシップです。
クアラルンプールにある巨大ショッピングモール”ミッドバレー”がサウスキーに建設が予定されています。
現在のジョホールバル住民にとっても、また、シンガポール人やシンガポールへの通勤者にとっても、
とても魅力的な物件となっています。

>>サウスキーモザイク詳細



◎サウスキーモザイク工事進捗状況
 
現在、サウスキーモザイクの建設工事は安全、かつ予定通り順調に進んでいます。
下部の写真は基礎工事の工事現場です。パイリングと呼ばれる杭打ちが終わりました。
引き続き、基礎工事が進めています。
 
 
 
 
south key piling.jpg
2014年3月11日撮影


◎周辺開発の状況

ミッドバレー・サウスキー・メガモール
クアラルンプールの人気商業施設「ミッドバレー・メガモール」はすでに、2013年10月21日に着工しており、
施設名は「ミッドバレー・サウスキー・メガモール」となります。完成予定は2016年末の予定です。
 
工事現場は下部写真のように基礎工事に取り掛かっています。
 
DSC_0242.JPG
2014年5月5日撮影
 

同施設は、オフィスビル、ホテル、サービス・アパートなどが併設して建設されます。

 ホテルは【シティテル・ジョホールバル】【ブルバード・ホテル】【ザ・ガーデンズホテル】が建設される予定です。

「ミッドバレー・メガモール」とは

1999年12月にオープンした5階立ての東南アジア最大級のモールで イオン、イオンビッグ、メトロジャヤ(マレーシア資本の百貨店)
の3つの核店舗、400を超える専門店、マレーシア最大手の書店チェーンの「MPH」、18のスクリーンをもつ映画館、
ボーリング、ジム、フードコート、ペットショップ、6,700台収容の駐車場によって構成され、総面積で40万㎡を超える大規模な複合商業施設です。
オープン以来マレーシア人だけに限らず、多くの観光客も訪れています。
2007年にオープンした隣接する別の施設「ザ・ガーデンズ」は、「ミッドバレーメガモール」と比べると中間~富裕層向けの商品を中心にしており、
高級ブランドが多く出店しています。日本の伊勢丹やロビンソン(シンガポール資本の百貨店)などが入っており、200を超えるテナントが入っています。
「ミッドバレー・メガモール」「ザ・ガーデンズ」両モールの2011年の来店客数は、国内人口の約2,900万人を上回る約3,470万人で、
過去3年間の売上高は年6~8%の伸び率です。 

「サウスキー・メガモール」は生活利便性を飛躍的に向上させるのはもちろんのこと、その抜群の集客力は不動産価値にとっても
プラスに寄与することは間違いありません。
 
下部写真は、去年発表時の記者会見の模様と2013年10月に開かれた工事開始式典の様子です。
news.jpg ground breaking ceeremony.jpg
記者会見の模様 2013年10月21日工事開始式典の模様
 
 
サウスキーモザイク前の道路、6車線に拡大

south key front road.jpg
2014年4月15日撮影

2車線だった1.8KMのサウスキーモザイク前のメイン道路が6車線に変わります。
2014年末にはこの工事が完成します。
この道路はテブラウハイウエイやEDLハイウエイと呼ばれる主要幹線道路に繋がる道路なので、
アクセスがさらに良くなります。
周辺にLRT(軽量高架鉄道)の新駅を誘致する計画もあり、交通利便性も一段の向上が見込まれています。
 
 
クアラルンプールで人気の商業施設・パブリカの誘致
 
publika3.jpg publika4.jpg
クアラルンプール・パブリカ外観 中の様子
zen.jpeg super.jpeg
レストランの様子 スーパーの様子
 
海外からの駐在員が多く住むモントキアラからほど近く、無料シャトルバスも走っている事で駐在員御用達
となっているのがクアラルンプールで今話題のパブリカです。
その商業施設を「サウスキー」に誘致する計画があるという情報を入手しました。

至る所にアートが飾られているこちらのモールは、目の肥えた外国人も納得出来るショップが沢山あり、
イタリア家具のショップなども揃っています。
スパやネイルサロンも多く、日本から進出のYAMANOもここパブリカにあります。
このクアラルンプール・パブリカにもレジデンスがあり駐在の方には大人気の物件です。
 
その「パブリカ」の誘致計画場所は「サウスキーモザイク」のすぐ目の前の立地になります。
メガモールに続いて、このショッピングモールの誘致が本当ならば、ますます「サウスキー」は
ジョホーリアンにとってホットスポットになるでしょう。
 
      ◎最後に
 
「Southkey Mosaic(サウスキー モザイク)」は、隣国シンガポールへのアクセス至便な「ジョホールバル市」において、
新たな生活街区として街づくりが進む大規模都市開発地区「サウスキー」に2017年3月完成予定です。
 ジョホールバル最大規模のタウンシップ開発「サウスキープロジェクト」。
複数の商業施設やホテル、病院、公園等、様々な施設を備えるこのプロジェクトは、生活に必要なあらゆるものを
足元に収めた快適空間を演出する「新生活街区」になる当初の目的通り着実に進められています。
 
中でも、アジア最大級の商業施設「ミッドバレー・メガモール」が「サウスキーモザイク」より完成が早いということが
最大の魅力になります。首都クアラルンプールを代表する複合商業施設「ミッドバレーシティ」を成功させた開発会社が
建設する、巨大ショッピングモールの集客力は不動産価値にとってもプラスに寄与することが期待されます。


物件の詳細はこちら>>