PROFESSIONAL SUPPORT FOR PROPERTY INVESTMENT
AND PROPERTY MANAGEMENT IN JOHOR BAHRU MALAYSIA
Grand View 360




発売と同時にほぼ完売した2015年末完成予定の高級コンドミニアム「グランドビュー」。
プルマスジャヤ地区へ向かう橋の手前、高速道路EDLの出入り口に位置し、
シンガポールへのコーズウェイ・イミグレーション(CIQ)まで車で約5分、パシールグダン
工業エリアまで車で約20分という絶好のロケーションです。

>>グランドビュー360詳細
 


グランドビュー360進捗状況および周辺状況



 グランドビュー360の工事現場です。進捗状況はご覧のとおり順調に進んでいます。


  2月10日撮影
 
上部の写真はグランドビュー360の工事現場です。進捗状況はご覧のとおり順調に進んでいます。
現在タワーBの躯体工事がほとんど終わっています。
続いてタワーⅭの躯体工事が3F部分まできています。


2フェーズとしてクレセントベイ
 
2014年01月11日、すぐ隣の土地では同じディベロッパーが”クレセントベイ“というコンドミニアムを売り出しました。


クレセントベイ模型 1月22日撮影
 
発売10日後、1月22日にほぼ完売(上部写真右参照)しています。
現在でもショールームは残りのユニットを求めて毎日大盛況です。
こちらの価格は1SQF あたり平均RM600で売り出されました。
ブルーの部分はマレーシアの規定(ブミプトラ政策)のユニット(マレー系住民のための割り当てユニット、ブミロット)になっております。
完成間近までこのマレー人向けユニットは残しておかないとならない規定となっております。
その後、ブミロットからインターナショナルユニットに移行し売り出されます。
 
 
 
テブラウウォータフロントシティー
 
プルマス地区の開発全景(赤印がテブラウウォータフロントシティー)
 
テブラウウォータフロントシティー構想図
 

イスカンダル計画のもと、シンガポールのような国際都市を目指すジョホールバル市です。
人・モノ・情報の流れをスムーズにするため、その施策の中で交通渋滞対策やインフラ整備に力を入れています。
その主要幹線道路であるテブラウハイウェイ沿いにテブラウウォータフロントシティーという計画があります。
そこは商業区域と合わせホテルや住宅地を建設予定です。 

ウォータフロントシティー開発の様子